デザイナーで稼ぐ

19世紀ヨーロッパ庶民の暮らしと服装の真実!イタリアの超貴重資料発見!

19世紀ヨーロッパ庶民の暮らしと服装の真実

こんにちは、デザイナーのアオキです^^

19世紀ヨーロッパ庶民の暮らしと服装の真実アブルッツォの家族写真 1900年頃

と~~っても面白いことがありました。

侵入するのが超困難なイタリアの国立機関の図書館で超貴重資料を発見!

19世紀イタリアの貧しい庶民の真実を写したものです。

アブルッツォ州という、ローマから東の方アドリア海に面した山がちで不毛な土地のとても貧しかった人々です。

わ~~~い、

宝くじにでもあたった気分!

 

19世紀上流階級やモデルなどのごく一部の特別華やかな生活を知るのはカンタンです。

絵画や記念撮影など資料がたくさんあるので。

でも19世紀の人々の大半をしめる労働者階級の人々の真実の姿はなかなか知ることが出来ません。

その意味でこの写真たちはと~~~っても興味深いです。

 

さあ、上の写真のチョー貴重さを見ていきましょう!

 

超貴重!19世紀イタリア庶民の日常の真実から本当に使われたファッションデザインを知る

現代ではファッションショーで見るハイファッションと、実際に人々が街で着ている服は違いますよね?

昔はどうだったんでしょうか?

 

超貴重な写真から流行を探してみましょう。

写真は昔のものなのでパブリックドメインになっています^^

19世紀ヨーロッパ庶民の暮らしと服装の真実アブルッツォの少女たち 1890年

この少女たち。

そっくりですがふたごではありません。

  1. 雑な手編みレースの大きなえり
  2. ブラウスのまん中にはヒダ
  3. ちょっと上にふくらんだ袖
  4. まん中にギャザーを寄せたエプロン

①で「雑な手編みレースの大きなえり」と言ってしまいましたがごめんなさい。

レースは貴重品で高かったのでこの少女たちの家で編んでいたものと思われます。

しかも使いまわし。

古い服についていたレースを外して新しい服に付け替えるなんて日常でした。

レース編みの道具も雑な大きなものしかなかったのでしょう。

こんな「雑な手編みレースの大きなえり」になってしまいます。

でもすごくかわいいけど^^

 

②は細く長い胴に見せるためにブラウスの真ん中にひだを寄せていました。

アブルッツォの少女たちもその流行に合わせています。

 

③このちょっと上に飛び出した袖山は1890年~2年の流行。

たった2年でしたが、都会のイケてる層ではこの袖だけ。

2年前の袖は流行おくれ。

このアブルッツォの少女たちもこの袖山をつけているなんて!

左の子は手首見せもしています。

手首見せは1890年の流行りです。

ちょっとすっきり細長体型に見えるからです。

 

④はよくあったエプロン。とても大きくてこのころは真ん中にギャザーを寄せていました。

これも体型を細く長く見せるため。

 

ほらね、なんかこのけして裕福ではないアブルッツォの少女たちを見ているだけでも時代が読めてきますよね?

 

ヘアスタイルも1890年の流行に合わせています。

なんとなく上の方に結い上げられています。

1860年ごろの髪はうなじあたりで結われていました。

少女たちにはその名残があります。

でも「流行にのって頭のてっぺんに結い上げたいな~」

っていうのが伝わってきます^^

 

おとーさんが「そんな髪型けしから~~ん!!」って言ったのかもしれませんね。

そしてこのアブルッツォの少女たちもコルセットをつけています。

でもそんなにいいコルセットではなく、締めすぎると農作業が出来ないこともあり、胴がぶわっと広がってしまっています。

 

下が1890年のハイファッション↓↓↓。

19世紀ヨーロッパ庶民の暮らしと服装の真実1890年 ファッションプレート L’art et le mode

①これはハイファッションの方のレースの大きなえり。

 19世紀ヨーロッパ庶民の暮らしと服装の真実都会の少女 1890年

上の少女はアブルッツォの少女たちと同年代。

こちらは都会の洗練されたお金持ち少女。

お金持ち少女のコルセットは高級で、より締めあげられています。

②は真ん中にひだを寄せて細長くみせるブラウス

③は上に飛び出した袖山

こちらの方が袖山がよりはっきり上に飛び出しています。

そしてやぶれそうなほどごく薄い高級コットン・・

 

上のアブルッツォの少女たちはこの流行しか知らなかったから、互いにそっくり同じ格好になってしまったのです。

興味深すぎる記念写真

19世紀ヨーロッパ庶民の暮らしと服装の真実アブルッツォのある家族の記念写真 1900年頃

一方こちらはあるアブルッツォの家族の記念写真。

裕福ではありませんが当時のアブルッツォの人たちとしてはましな方でした。

①この女性はアブルッツォの少女たちと同じ1890年の流行りの袖が付いた服。

ヘアスタイルは1905年頃の少女がしていた後ろでみつあみかも。両サイドにちょっとボリュームを出しています。

②このおにいさんの帽子のかぶり方は1900年初期。

1930年になるにつれて、目に影ができるのがカッコよかったので目深にかぶるようになります。

③このおじさんのシャツのえりは長いので1905~10頃の流行。

④この女性は1905年頃のヘアスタイル。

耳の上、左右にボリュームをだして上の方に結い上げます。

すごい模様の服。これしか生地がなかったか、これがステキだと思ったか・・

この格子もようのかざりみたいな、ごつめのかざりはよく庶民の間でされていました。

生地を切ったりリボンで模様を作って縫い付け。

⑤この女性のヘアスタイルこそ1870年ごろの低く結うタイプですが、袖といい、袖山といい、服は1890年のもの。

胸のあたりで切り返しになっています。

 

これらのことから、この家族の記念写真は1905年頃に撮影されたんではないでしょうか?

でも⑤の女性は昔作った服を着ていた・・

そしてヘアスタイルもアップデートされず昔のものに固執していたとか・・

 

いろいろ分かることがあって、実に興味深すぎる家族の記念写真!

昔の写真の使い方

私は普段こんな写真をもとに徹底的に時代考証をします。

これはチェーコフの『かもめ』の舞台の衣装デザイン。

19世紀ヨーロッパ庶民の暮らしと服装の真実ポリーナ 『かもめ』チェーコフ デザインbyアオキナオカ

care’(カレ)というえりもと。

そこにぐるぐるとヒモを縫い付けました。

町中のおしゃれな人ではない、ちょっと田舎の女性。

舞台設定は1890年です。

19世紀ヨーロッパ庶民の暮らしと服装の真実えりのバリエーション デザイン by アオキナオカ

↑こちらはえりのバリエーション。

 

もう少し洗練されお金持ちの田舎の女性にする場合用です。

貧しい人々がなぜハイファッションのエッセンスの詰まった服を着ているの?

むかしは雑誌でファッションプレートを見て、自分で家で作っていました。

なので「ハイファッションのエッセンスを取り入れて日常に使えるものを作る」がフツーにされていました。

なぜってお手本がそれでしたから。

そして雑誌の種類はとても少なく、みんなが同じお手本を見ていたので、結構流行とおなじ格好をしていました。

 

それが顕著だったのが19世紀の庶民。

それ以前は貧しい人々の間ではファッションプレートすら手に入りにくかったので、庶民は結構長い間流行に関係なく同じような格好をしていました。

19世紀ヨーロッパ庶民の暮らしと服装の真実アブルッツォの農民女性たち

↑これが貧しい農民の女性たち。何年も同じ格好をしていました。

でもブラウスの袖のカタチがやっぱり流行を追っています。

1890年頃の袖。

  • 自分で編んだ分厚い毛糸のストール
  • 飾りのない白いブラウス
  • 大きなエプロン
  • ヘアスタイルは1870年

みんなはさみを下げています。

右の女性が下げている三日月のものは草を刈りのカマ。

その隣の人が持っているパンみたいなものはフェルト。

農民の靴の中に入れていたそうです。

そのまた隣の人は編みモノをしています。

19世紀、貧しい人々の真の姿

19世紀ヨーロッパ庶民の暮らしと服装の真実アブルッツォ 靴屋の一家

こちらの靴屋の一家はかなり貧乏。

でもこのおとーさんのシャツ、フレンチカジュアル??

これはこの時代によく合った縞のアンダーシャツ。

おかーさんのエプロンと娘のワンピースが同じ生地。

手作りですね。

 

19世紀ヨーロッパ庶民の暮らしと服装の真実貧しいおじいさん 1898年

とても貧しいおじいさん。

でもこのレベルの人はたくさんいました。

  • 形のなくなってしまった帽子
  • 羊飼いの杖
  • 不格好になってしまった大きな靴

いつ作ったかわからない服です。

でもおじいさんにこにこ。

19世紀ヨーロッパ庶民の暮らしと服装の真実とても貧しい移民の家族

↑とても貧しい、しかも不毛の土地へ移民するしかなかった母子・・

明るい目の色から、たぶんルーマニアからの移民。

ジプシーと呼ばれて泥棒あつかいされたり、恐れられたり。

でもおかーさんかなり美人。

19世紀ヨーロッパ庶民の暮らしと服装の真実19世紀 アブルッツォの街の様子

↑こちらは19世紀のアブルッツォ、庶民の街の様子がわかる貴重な一枚。

女性は分厚いスカーフを巻いています。

男性はみんなかなりくたびれた服を着ています。

でもみんな同じ格好をしていますよね?

  • 女性はブラウス、ジャケット、頭のスカーフ、ショール、スカート、エプロン
  • 男性はブラウス、ジャケット、ズボン、ベスト、帽子

そうだからそうだったんです。

他の格好はなかったし、だいたいあったとしてもモラル上できなかった。

帽子なしとか、上着なしで外出なんて「もってのほか!!下品!!」でした。

 

ココまで見た極貧のおじいさんだって上着、帽子着用していましたよね?

この服装モラルこそが流行だったのです。

だからみんな同じような格好に見えるのです。

具体的な資料の探しかたノウハウ!

こういった資料はどこにあるんでしょうか?

それは図書館に行くに限ります!

ネット検索では情報量が少なすぎます。

1890年の時代考証をするなら、

  1. 古い時代の写真集が充実している図書館行く
  2. まず何人かの写真家の作品を集めた総合的な写真集を一冊開いてみる
  3. 気に入った写真家の名前を控える
  4. その写真家だけの作品集を探して見てみる

こうして資料をどんどんためていきます。

 

古本市でもいい資料がたくさん見つかります。

画集、写真集などはとても高価なので古本で十分です。

 

もし題名がわかっていればAmazonで取り寄せることもできますね。

私はアメリカの古本屋から取り寄せています。

 

私の宝物、パリの1890年代の写真集を買いました^^

まとめ

19世紀上流階級のハイファッションと庶民ファッションを比べて見ました。

  • 庶民のお手本はハイファッションだった
  • 庶民の服装にもハイファッションのエッセンスがぎゅっと詰まっていた
  • みんな同じような格好
  • 服装モラルがあったから

ということがわかりました^^

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です