19世紀

1800年代のドレスを作ってみた!フランスのコレがお手本!

800年代のドレスを作ってみた
アオキ
アオキ
こんにちは、イタリアで15年デザイナーのアオキです。コネもなく フツーだったの私のお話はプロフィールへ。デザイナーで独立したいあなたはこちらへ

ロンドンのグローブ座の

パタンナーチームで

1840年のドレスを当時の縫製に忠実に

作ったんだよ!

 

1700年代からの流行の中心はフランス。

なのでお手本はフランスの絵画、

イラスト、ファッションプレート・・

1840年はファッションの歴史の中で最も

シンプルで分かりやすいライン。

アオキ
アオキ
実際どうやって時代衣装制作をはじめるの?

ヒストリカルドレス制作は忠実、執拗な調査から。発明厳禁!

アオキ
アオキ
ヒストリカルドレス制作の第一歩は超綿密オタク的な時代考証から

まずは図書館や古本市、博物館、へGO!

当時の絵画や版画集めまくりの旅へ。

 

これは写真が誕生したばかりの1840年の作品↓↓↓

これは現実にいた女性ね。

当時は流行に沿って中年層まではみんな同じ格好。

1800年代のドレスを作ってみた女性 ポートレート 1840年

ファッションプレート↓↓のスタイルは

購入してもらうためのもの。

アオキ
アオキ
ウェスト細かったらいいなあ~

きれいに理想化されたスタイル。

今の雑誌もそうでしょ?

ザンネンながら現実とは違います。

ほんの参考程度に。

1800年代のドレスを作ってみたファッションプレート 1843年 パリ

とにかくこういうものをたくさん集めるよ。

もちろんコピーね。

オリジナルじゃないよ。

ファッション史オタクとしては一番楽しい作業。

 

中でも面白いのは1840年ごろに

パリで活躍したイラストレーター、

ガヴァルニの作品。

アオキ
アオキ
1840年に実際にいた現実の人々の動作と服装がとても面白い!

1840年のシルエットはこれ↓↓

1800年代のドレスを作ってみたGavarn 風俗画 1840年

 

  1. ヘアスタイルは横にちょっとボリューム
  2. 頭はちょっと前に
  3. 長い首
  4. 超なで肩
  5. ひじがふんわりな袖
  6. ひだをたくさん縫い付けた超細長い胴
  7. スカートとボディㇲの縫い目がふんわり盛り上がっている
  8. ふんわり丸く内側に入った
アオキ
アオキ
流行に合わせて人体が七変化してたんだよ!

④超なで肩って本当です!

ボディスにアームホールが超下部に

付いているので、

視覚的なで肩効果はあるけど。

それにしてもここまでとは!?

アオキ
アオキ
肩を切るんですか?!?

⑥ひだをたくさん縫い付けた超細長い胴

なんだけど。

胴をより長く見せるために

縦に細かいひだをたくさん入れてるよ!

この10年前の1830年までは

短い胴が流行ってたのに!

アオキ
アオキ
⑦⑧で、とにかくふんわりまる~いスカートのシルエットが1840年の特徴

⑧でスカートの裾が内側に

入ってしまっていることにご注目!

アオキ
アオキ
この不思議なふんわりまるいシルエット、どうやって作るの?

答えは記事下部で明らかに!!

 

でもまたたった20年で

1860年代の流行

  • 短い胴
  • 超広がったスカート

に変わるんだよね~

 

だから1860年に描かれたおばあさんの絵を見ると、

まだ1840年っぽい格好をしてるんだよ。

アオキ
アオキ
頭にあるのは若いころの流行だろうね!

1830年代に書かれたバルザックの

『ゴリオ爺さん』の発売当時の挿絵も、

パリのこの時代の衣装生活風俗が

描かれてて超面白い・・

 

それからフィレンツェのピッティ宮殿に侵入!

1840年作製のドレスの資料もシェアするね。

 

ここは午前中しか資料を見せてくれない・・

私はローマから始発の電車に乗ったんだよ。

小一時間後にはフィレンツでカプチーノ^^

 

超貴重資料、1840年に作られた

日中用ドレスはこれ!

1800年代のドレスを作ってみた日中用ドレス 1840年 イタリア製 ピッティ宮殿蔵

1840年シルエットの特徴が詰まった

オーソドックスなドレス。

1840年のシルエット

  1. なで肩
  2. なが~いウエスト
  3. ボディスに沿った細かいひだ
  4. ボディㇲの真ん中は尖っている
  5. あらかじめカーブを描いてパターンが作られている袖
  6. スカートとボディㇲの結合部分はギャザーが寄って厚みを持っている
  7. ふくらんでいるが裾が小さめなスカート
  8. 人体が入っていないので残念ながらスカートの裾が内側に入ってない

当時はもちろんすべて手縫い。

当然今回もスカートのすそ以外はすべて手縫い。

 

↓↓↓こちらは同じドレスを裏返したところ。

裏からは縫い方やパターンがよく見えるよ~

1800年代のドレスを作ってみた日中用ドレス 裏 1840年 イタリア製 ピッティ宮殿蔵

この裏返しドレスの見るべきポイントは、

  1. なで肩に見せる袖付けの位置!
  2. 胴を細く長く見せるペンス
  3. カーブを描く袖の形
  4. ボディストスカートの接続部

④ボディストスカートの合体部分

なんだけど。

1840年にはボディスとスカート部分を別々に作製。

後で上下縫い合わせてワンピースにしてたんだよ。

今のワンピースの作り方と全然違うよね。

アオキ
アオキ
なのでこの接続部にスカートの余ったひだひだが出るよ!

このボディスとスカート接続部のひだが重要

現代のスカートはいくつかの台形を

つないで立体にするよね?

そしてウェストやヒップ周りは

すっきりしていることを目指すじゃない?

でも

アオキ
アオキ

1840年は筒状の布の上部を

ギャザーで寄せただけでスカートにしてたんだ!

タック全然なし

ちょうど小学生が水泳の着替えの時に被るタオルスカートの作り方ね。

 

そうすると上部のあまったギャザーが

寄った部分にふくらみが。

これをきれいに均等にならした形が④になるよ。

これこそが1840年独特のシルエットなのです!

アオキ
アオキ

そしてあまったスカート接続部のギャザーがあるからスカートが体から離れるよね?

それでウェストとヒップに沿わず

ぽわんと膨らんで美しい丸い形になるよ。

日中用ドレス 1840年 裏 後ろ姿日中用ドレス 1840年 裏 後ろ姿

↑↑↑見て見て!

  1. この小さい背中!なで肩に見せるためにこんなに小さい後身頃が!
  2. 下の方に付いている肩の縫い目
  3. よっちゃったギャザーたくさん

①②ここまでしてなで肩に見せたかったんだね~

なで肩=美女=モテる

=お金持ちと結婚で永久就職^^

と、お決まりの方程式です。

 

纏足=美女=モテる

=お金持ちと結婚で永久就職^^

とまったく同じ!

これらの資料から私が作成したデザイン画がこちら↓↓↓

1800年代のドレスを作ってみ1840年 ドレス デザイン画 アオキナオカ

スカートは長方形を縫うだけなのでデザイン画は省略ね。

これが1840年当時の型紙だ!見どころ

1840年のピッティ宮殿保存の

ドレスの型紙を見てみよう。

私もですが・・

アオキ
アオキ
昔の型紙をパッと見せられてもぜ~んぜんわかんないよ?

↓↓↓なので見どころをご紹介^^

1800年代のドレスを作ってみ日中用ドレス ボディス 1840年 オリジナル型紙
  1. こんなにたくさんのひだを前頃に付けて胴の長さと細さを演出
  2. ステッカ(ボーン)を入れてウェストを固く絞る
  3. やけに小さい後ろ見ごろ
  4. スカートの接続部分のギャザーの処理をきれいに!
  5. 袖は初めからカーブを描いて断つ

↓↓↓すごいヘンな型紙はこちら!

1800年代のドレスを作ってみ日中用ドレス スカート部分 1840年 オリジナル型紙
アオキ
アオキ
ダーツの一つもないスカート!

5メートルくらいの長さの生地を筒状にしただけです。

ホントです!

ウエストは全てギャザーで寄せるので大変!

アオキ
アオキ
5メートルあるスカートで糸が絡まってやり直しになったら・・?

糸にロウを塗って絡まらないようにします。

これ1800年代もみんなやってた技法!

ぜひやってみて~^^

1840年のラインを出す秘密はアンダースカートにあり!

アオキ
アオキ
絶対膨らんだスカートがイイ!

そのために

1860年では鳥かごみたいなクリノリンが使われるよ。

でも1840年にはまだこの発明はなかったんだよね~

アオキ
アオキ
1840年代にはどうやってスカートをふくらませていたの?

↓↓↓答えは大ボリュームアンダースカート

1800年代のドレスを作ってみた1840年代アンダースカート

このただのフリル重ねアンダースカート。

固い張りのある4層のオーガンジーで作られてるよ。

アオキ
アオキ
アンダースカートのスソにはボーンなどの補強が入っていません!!

なのでスソがふわふわと柔らかく、

上に着るスカートのスソが内側に入ってしまうの。

これで1840年の特徴的なスカートの

ふんわりまんまるシルエットになるんだね!

1840年のドレスを実際に作ってみたよ!

こちらが実際に1840年のドレスを制作した時のドキュメント!

1800年代のドレスを作ってみた日中ドレス スカート部分 縫製直前!!
  1. ウェスト部分にギャザーを寄せるためのしつけ糸
  2. 後ろに下がっているのはフリルのアンダースカート

縫製でウエスト部分にギャザーを寄せるために

広げてあるスカート。

ロウを塗ったしつけ糸でギャザーを寄せて行くよ~

こちらが後ろ身頃↓↓↓

1800年代のドレスを作ってみた1840年ドレス 制作中 後身頃
  1. しつこいですがなで肩
  2. ステッカ(ボーン)を入れる

 

1800年代のドレスを作ってみた袖 作製中

↑↑↑袖を作っています。

  1. 表の生地と裏地をずれないように仮止め
  2. フリルを均等に袖口に配して仮縫い
  3. 生地の端の模様を生かして配置
  4. コルドンチーノと言うループで、タコ糸などをバイアスで伸びるように断ったドレスの共生地の中にくるんだ装飾用のヒモ

④のコルドンチーノ、つまり共生地でくるんだループ状はチェックね。

これで服を装飾することはファッション史を通してよく使われた装飾方法だよ。

making-1800-dress-francia

↑↑↑ベースのボディスの上に別生地で装飾用の縦ヒダを付けるよ~

アオキ
アオキ
絶対ウェストを細く長く見せる!

視覚効果だけでいいの。

ホントの胴はドウでもいいのヨ♪

1800年代のドレスを作ってみた1840年 日中用ドレス 仮縫い中

↑↑↑某女優さんがモデルなので来てもらって仮縫い中

1800年代のドレスを作ってみた仮縫い続行中

仮縫い続行中

1840年のシルエットがよく出てるね!

まとめ;1840年シルエット

しつこいですが1840年のシルエットについて暗記しましょう!

  • なで肩
  • 細く長い胴
  • スカートはウェストからスソまでのふんわりまんまるシルエット
アオキ
アオキ
なんでこんなにしつこく暗記するの??

それは

一つの時代を象徴するシルエットから、

別の時代を比較して頭に入れやすくするため^^

 

歴史の網羅だけだと挫折しやすくなるし。

ぜんぜん面白くないし。

アオキ
アオキ

一つの時代をここまで深く掘り下げると見えてくるもの、

それが稼ぐためのファッション史!

「順番に描くだけでプロに!ファッションデザイン画完全マスター教本」

期間限定無料プレゼント中!

  • 今までの私がプロになったデザイン画の描き方ノウハウを全部つぎ込んで
  • しかも100ページ以上の大ボリューム!

ご希望のかたは プレゼント配布ページへ。

目次の【デザイン画教本プレゼント】にご案内があります!

デザイン画教本

ぜひあなたがデザイナーで稼ぐのに役立ててください!

こちらの記事もおすすめ!