ドレス

女性ファッションの歴史に忠実な1800年のドレスメイキング!モデルはイタリア映画主演女優

女性ファッションの歴史に忠実1800年
アオキ
アオキ
こんにちは、イタリアで15年デザイナーのアオキfashionsisenmonです^^ フツーの私がコネもなくイタリアでデザイナーになりました。 くわしくはコチラ

2019年6月公開のイタリア映画主演女優のドレスを作りました!

映画「家族にサルーテ!イスキア島は大騒動」

超豪華キャストで話題!

監督は『幸せのちから』のガブリエレ・ムッチーノ、主演はステファノ・アコルシ、ステファニア・サンドレッリ、そのほか大勢豪華すぎ。

イタリア映画「家族にサルーテ!カロリーナ・クレッシェンティーニ ヴェネチア映画祭にて

ここにイタリアを代表する女優、カロリーナ・クレッシェンティーニもジネーブラ役で主演しています。

彼女はイタリア映画祭2011年の特別上映作品、オズベテック監督の『明日のパスタはアルデンテ』で若い頃のおばあちゃん役の女優さんです。

 

まだ見ていない人は絶対に見てくださいね!

なぜなら・・

そのワケはちょっと後で明らかに!

 

私は常にせっかくお時間をさいて私のブログを読んでくださっているあなたに、他では絶対に知ることのできないコンテンツを提供したいと思っています。

私じゃなくたって書ける情報は私じゃない方が書いたほうがいいので入れません!

 

ところで、デザイナーとして時代物の映画で衣装デザインすることになったらどうします?

大スクリーンに映った時、

「あれ~、あのドレスなんか現代のドレスにしかみえない~??

なんかこの映画ウソくさい~!現実にヒキモドシ~!」ってなったら?

衣装デザイナーの責任ですよね?

 

そこで今回はデザイナーとして時代物の本物を作るときのノウハウを、

コッソリ教えちゃいます^^

イタリア映画「家族にサルーテ!」ドレス 1890年 モデル カロリーナ・クレッシェンティーニ

実際に私が作った19世紀半ばのヴィクトリア朝ドレスの作り方を参考にします。

世界トップレベルのノウハウです。

本物のヴィクトリア朝ドレスを作るには?

コスプレ用の衣装と本物のヴィクトリア朝ドレスはちがいます。

ステキなコスプレ衣装を作るなら、自分が「ステキだな~と思う

コスプレ衣装を参考にすればいいのです。

 

マネっこコピードレスではなく本物のヴィクトリア朝ドレスを作るなら、

本物のヴィクトリア朝ドレスの作り方を見ればいいのです。

 

では本物のヴィクトリア朝ドレスの作り方はどこで見られるのでしょうか???

正解は、ロンドンのグローブ座付き衣装工房です!!

 

・・でもそんなところ勝手に侵入していいんですか!!??う~~ん・・

 

でもご安心!

実際にロンドングローブ座の衣装工房と同じやり方でヴィクトリア朝ドレスを作りました。

イタリア映画「家族にサルーテ!」1890年 ドレス 前身頃 制作中

複雑極まりない19世紀ヴィクトリア朝ドレスの作り方をご紹介!

本物のヴィクトリア朝ドレスを作るのに必要なたった2つのこと

本物のヴィクトリア朝ドレスを作るのに必要なのはこの2つだけ。

  1. 最重要な時代考証
  2. その時代の雰囲気を持ったモデル選定

①は、オタク的時代考証の出来で作品の全クオリティが決まる!

そして②その時代の雰囲気を持ったモデル選定が意外でしょ?

なかなか思いつきませんが、これが作品の出来の良しあしに大きく影響!

 

モデルがすでにィクトリア朝時代の雰囲気を持っていることがとても重要。

 

小野小町とかがヴィクトリア朝ドレスのモデルをやっていても信憑性なさ過ぎて一気に引きますよね?

今回、現代イタリア映画を代表する女優、カロリーナ・クレッシェンティーニがモデル。

先に書いた「家族にサルーテ!イスキア島は大騒動」見ましたか?

あの主演女優のなかの金髪美人がカロリーナ・クレッシェンティーニです。

 

「家族にサルーテ!」の主演女優たちを思い浮かべてください。

誰が一番ヴィクトリア朝の雰囲気を持っています??

衣装デザイナーがやっている時代考証の「しつこさ」とは?

それでは実際の時代考証のやり方をご紹介。

ググるだけなんてありえませんからね。

 

ネット上には著作権侵害にならない程度のグレーな資料しかありません。

研究機関のホームページとかなら良い資料もありますが、資料の数が限られています。

 

そこで参考になるのが当時の絵や写真。

まずは芸術関連の本が充実しているタイプの図書館へ。

日本の図書館でもアメリカの図書館でもおなじです。

  1. ヴィクトリア朝時代の総合的な画集と写真集を見る
  2. 自分に役立つ絵や写真の作者を控える
  3. それから各作者の作品集を探す
  4. 必要な画像のコピーを取る

これが最重要作業です。

ヴィクトリア朝といっても超長いので、その中でも数年に限定します。

 

今回は1890年~92年です。

この時代の袖を再現します!

イタリア映画「家族にサルーテ!」giornale delle dame ファッションプレート 最新の袖モデル  1890年

↑↑↑袖の資料!

イタリア映画「家族にサルーテ!」ジャケット 1890年

 

イタリア映画「家族にサルーテ!コケランとマルグリット・モレノと執事 1890年 プリモリ

ドレス全体はもちろんエリ、袖、アクセサリー、ヘアスタイル、下着、レース、立ち振る舞い・・

とにかくしつこくオタク的に資料探しをします。

プリモリさんと言うイタリアの1890年頃大活躍した写真家の作品はファッションデザイナー必須の資料です。

記念撮影ではない日常を切り取った写真から、当時の人々の本当の生活を知ることが出来ます。

写真はすべてパブリックドメインですので、安心して使わせてもらえます^^

イタリア映画「家族にサルーテ!女性の日常 1890年-95年 プリモリ

 

そしてやっと!デザイン画を描きます。

イタリア映画「家族にサルーテ!1890年 日常ドレス デザイン画 アオキ

 

 イタリア映画「家族にサルーテ!」1890年 散歩用ドレス デザイン画 アオキ

1890年-92年だけに流行ったドレスラインがあります。

1862年に女性のドレスは最大級に大きくなりましたよね?

あれからイロイロありましたが、この1890年にほっそり時代を迎えます。

 

それで細長シルエットにするために、ダイエット?

ぶぶー、ちがいます!

 

視覚効果をねらうんです!

  • 鳥のクチバシのようにうえにとんがった袖山
  • 幅のせまいスカート
  • 前身頃の真ん中に別生地をいれて縦長ラインを強調
  • ウェストからスソにドレープ
  • スタンドカラー
  • ドレスと袖の色を変える

など、あの手この手で細く見せようとしていました^^

このワザ、現代でも使えますよ!

ヴィクトリア朝ドレスを実際に作る工程とは?

今回はグローブ座のパターンナーを呼んできました。

彼がヴィクトリア朝ドレスの当時の作り方にとても詳しいからです。

 

デザイナーは衣装完成ゴールを決めて、パターンナーや縫製師の作業を正しい方向に向ける仕事をします。

そしてドレスは複数人で縫うので、お針子さんチームを作ります。

 イタリア映画「家族にサルーテ!」袖山と縦に並んだボタン
  • 鳥のクチバシのようにうえにとんがった袖山↑

そして縦にずらりと並んだボタンも縦長ラインを強調してくれます。

ここでは黒真珠母貝。

ドレスの余り生地でボタンをくるんでしまう、「くるみボタン」というのもよく使われる技法。

一つづつ手作業で作ります。

 イタリア映画「家族にサルーテ!」幅のせまいスカート
  • 幅のせまいスカート↑

1862年頃の特大スカートと対照的ですよね?

 イタリア映画「家族にサルーテ!」前身頃
  • 前身頃の真ん中に別生地をいれて縦長ラインを強調↑

するために別生地を入れます^^

ここでは真ん中のライン入りの生地。

イタリア映画「家族にサルーテ!」2方向にドレープを入れたスカート部分
  • ウェストからスソにドレープ↑

スカート部分の横と後ろに縦にドレープ。

前にはちょっと横方向にドレープ。

 

イタリア映画「家族にサルーテ!」スタンドカラー
  • スタンドカラー

 

このデザインではドレスと袖は同じ生地です。

全然違う生地にしても縦長ラインは強調されます!

 

おまけ、これがホントの1890年アンダースカート!

1890年はヒップ上部にボリュームを出すスタイル。

筋トレいないで偽ヒップで十分。

どうせまたすぐ流行の体形は変わりますから^^

イタリア映画「家族にサルーテ!」偽ヒップ入りアンダースカート

偽ヒップ部分に横方向にボーンを入れて膨らませます。

私はもちろん、着て座ってみました!!

偽ヒップは座るときに折りたたまれるのでちゃんと座れます。

そして腰のあたりがなんとなく固いものに囲まれるので、勝手に姿勢が正しくなります。

まとめ

ヴィクトリア朝ドレスをはじめ時代コスチュームを作るのに一番重要なのは

  • 時代考証
  • モデル選定

と言うお話でした^^

カロリーナ・クレッシェンティーニって?

日本ではイタリア映画祭2011で、カロリーナ・クレッシェンティーニ出演のフェルザン・オズベテック監督「あしたのパスタはアルデンテ」が特別上映されました。

その時に話題となったのが金髪美人の彼女。

 

本当にきれいな金髪で、内側から輝いています。

 

私もイスキア島では何年か前に一緒に撮影しています。

当時は彼女はまだ駆け出しだったので、一緒にイスキア島の温泉で泥パックとかして遊んでいました。

ある日「スクリーンデビューしたから見てね!」と言われました。

そんでローマの駅に全建物大、つまり10メートル以上の彼女のポスターが貼られていて仰天しました。それがあっという間にスターになってもっとびっくり!

イタリア映画「家族にサルーテ!」silvio muccino parlami d’amore

カロリーナ・クレッシェンティーニは大スターになった今でもとてもやさしくてフレンドリーな人です。

そんなわけで今でも気軽にモデルになってくれます^^

 

彼女を見ていると気分が晴れやかになってきます。

まだ見ていないあなた、ぜひ大スクリーンでどうぞ!

こちらの記事もおすすめ!