ドレス

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネットと乙女心を癒しましょ

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネット
アオキ
アオキ
こんにちは、イタリアで15年デザイナーのアオキです。コネもなく フツーだったの私のお話はプロフィールへ。デザイナーで独立したいあなたはココ
アオキ
アオキ
こんにちは、イタリアで15年デザイナーのアオキfashionsisenmonです^^ フツーの私がコネもなくイタリアでデザイナーになりました。 くわしくはコチラ
ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネット映画『マリー・アントワネット』より

私が衣装で参加した映画の中で一番華やかなのは『マリー・アントワネット』!

ファッション史上最も華やかなファッションリーダーが主役の映画だからね。

 

おしゃれに国庫つぎ込んで国家破産寸前で

フランス革命引き起こされちゃうくらい

自分のファッションポリシー通したんだから、当たり前。

 

もしあなたが

子育てに疲れたり、転職がなかなか成功しなかったり、

夢が実現しなくて不安な時、ふられちゃって絶望‥

ウツウツしてちょっと疲れたなあ女子なら迷わずこれを読んでね^^

華やかな世界でクスリと笑えば気分が軽くなるよ!

 

フリフリ髭男子のルーツとか男子のヅラ考察レポが続いちゃったから、

華やかロココ時代に出発~

歩きたくない人は私につかまってていいよ

 

あ、もちろん男子も来ていいよ。でも自分で歩いてね!

 

でも記事タイトルの「マリー・アントワネット」ってずうずうしくない?

まあね、でもキルスティン・ダンストと

ご一緒したからマリー・アントワネットと一緒にいたよなもんでしょ?

優雅で軽やかなロココ美は1730年、ルイ14世時代に流行!

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネットオテル・ド・スービーズ

これが1730年頃から流行りだしたロココ調♡

フランスブルボン王朝最盛期の太陽王ルイ14世の時から流行。

だから豪華で華麗で優美なのは納得!

 

白地に金の繊細で優美な模様が描かれているインテリアがスタートだったんだよ。

それが建築全体に広がってロココスタイルが出来上がったってわけ。

それまでのバロックスタイルは無敵艦隊で盛栄を誇ったスペインの栄光が濃くて威厳・荘厳がメイン。

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネットローマ パラッツォコロンナ

でも安定してきた宮廷人にはだんだんロココの方があってきたんだね。

小さくて親密な♥小部屋も作られるよ。

ファッションもロココに移行するよ~^^

私がマリー・アントワネットに詳しいのは映画製作に参加したから

2006年公開のハリウッド映画、ソフィア・コッポラ監督の『マリー・アントワネット』はあまりも有名だよね?

私は衣装制作に参加したんだよ。

もちろん主役のマリー・アントワネットの衣装合わせもね。

キルスティン・ダンストのコルセットを絞めたのは私^^

 

なぜそんなところへ行けたのか、詳しくはプロフィールを読んでみてね。

海外で働くことのヒントになるよ^^

この制作中に一番聞いたのはのは女の子としてのマリー・アントワネット♪

ミミタコ‥

非難もされるマリー・アントワネットだけど、あんまりじゃない?

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネットリオタール「マリー・アントワネット7歳」1762年頃

マリー・アントワネットは1755年ウィーン生まれ。

神聖ローマ皇帝フランツ一世とオーストリア女大公マリア・テレジアの

2大セレブの11女よ。

パパとママはマイケル・ジャクソンとマドンナよりセレブ!

で、トランプ大統領より超権力者。

 

だって中世から超権力者はローマ法王じゃん。

一国じゃなくてヨーロッパ全部のね。

その彼から先祖代々ナンバー2に任命されてんだよ。

 

マリー・アントワネットは超近代的で自由な考えを持ってて、

普通のティーンネイジャーとして青春を謳歌して生きたかった。

でも、もちろん許されなかった最高に高貴な女の子。

 

ダンスに楽器、オペラに女優、レースにキラキラスイーツ楽しいことが大好き!

軽薄で集中力がなかったって言われるけど、こんな素敵なものに囲まれてたらどうよ?

 

しかも生まれながらにして超特権階級で全部かなっちゃうことは知ってた・・

でもママが厳しくてなかなか思う存分贅沢遊びは出来なくて。

こんな女の子が世界一のフランス国家の自由な王妃なったらどうなる?

しかも彼女にとって絶対王政の君主制が当たり前の正義なら、革命も市民の台頭も大反対、だよね??

 

この絵のドレスに注目!

小さいヘアスタイル、長い胴だよね?

これは1740年から1760年までのロココの特徴。

 

これがマリー・アントワネットがファッションリーダーになるとどんどん変わるよ~~

 

ちなみに現代のようなマカロンは1832年パリのダロワイヨの生まれ。

映画ではラデュレ監修だよ。

マリー・アントワネットは実際にカラフルマカロンは食べてないよ。

なんでこの映画に出てくるかって?

かわいいから。そんな感じがするから。

ソフィア・コッポラ監督の目を通したマリー・アントワネットだから。

この記事の画像もマカロン。だってかわいいから。

 

映画の途中にコンバースが出てきたりと、

何かとソフィア・コッポラ監督視点の映画。

そこんとこ史実と全然ちがうヨ!

 

小さいときに読んだマリー・アントワネットのお話で自分が思い浮かんだ世界観なんだって!

史実を再現するなら映画を作る意味ないでしょ、だって。確かに。

1750年頃から映画でおなじみのパステルカラー大流行!

まず、1750年からずっと映画のテーマカラーでもあるフレッシュカラーが流行るよ!

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネットトマス・ゲインズバラ「アンドリューズ夫妻像」1750年

光沢ある軽い極上のシルクサテン、タフタ、ベルベット、コルドナーティ、モワレ、ファイル‥

ピンク、水色、エメラルドグリーンに薄いグレー‥

この色たちじゃなかったらこの過剰装飾は↓↓超悪趣味じゃない?

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネット「ぶらんこ」(1768頃、フラゴナール作)

こんな絵のようなおふざけもできちゃう時代。

前の荘厳バロック時代だったら考えられないよ!?

 

1770年代はルイ15世の絶対王政安定期で王様がファッションリーダーだった時代。

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネット『ルイ15世』イアサント・リゴー作、1730年、(ヴェルサイユ宮殿蔵)

彼の治世64年間ずっと優美で軽やかロココ時代。

ちなみにこの絵、ネットでよくルイ14世って書かれてるからご注意!

きっとこの国王のガウンのせい。

これは王様しか着られない制服みたいに代々着てるよ!

背景はまだまだバロックっぽいよね。

 

ひいおじいちゃんのルイ14世はベルサイユ宮殿を建てた人だよ!

ちなみに脚線美が自慢のルイ14世もファッションリーダーだよ。

素質大ありのマリー・アントワネットも当然ファッションリーダーになるよね?

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネット「スピネット弾くマリー・アントワネット」13歳 フランツ・ザベール・ワーゲンショーン1769-70

もともとのお顔はそんなに美人ではなく、薄~いお顔。

でも輝く真珠のお肌とまぶしい金髪でとにかく優雅で気持ちよくみんなの注目を集めちゃう身のこなし。

キリスティン・ダンストだってそうだよね?

そしてこの薄さはロココ時代に流行った美だよ。

薄いからこそ、ファッションとメイクでもっと素敵に自分をアピールできちゃうよね?

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネットジョゼフ・デュクルー「マリー・アントワネット」1769年

↑これはルイ15世とのお見合い肖像画。

すでに盛りヘアの兆しが・・

1770年、フランスへお嫁に行ってファッションリーダーに!

マリー・アントワネットは1770年の14歳の時にフランスへお嫁に。

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネット「恋の成り行き-逢い引き」(1771-1773年頃、フリック・コレクション)

おっとりさんな夫との夫婦生活が詰まらなかった彼女は、あっという間に賭博、パーティー、仮面舞踏会‥と遊びのリーダーに!

なるほど、なんか納得。

そしてこのあたり映画で乙女心をキュ~~ンのたっぷり超豪華衣装として有名だよね!

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネット「mrs cadoux」1770年頃 テイトギャラリー

この軽やか優美なロココスタイルに加えて、

1760年代から小さい胴体とデカいスカート、デカい頭が流行。

1780年に向かって史上最大級のデカスカートデカ頭に~!!!

もっとも~~っと、超巨大になって行くよ~。

ヘアスタイルで虚栄心の競争ね^^

 

そうそう、このころもうヅラは流行らなくなっちゃうんだ。

100年もかぶってたのにね。

地毛の高さを出すためには、頭にトゥペというニセ毛を入れてたよ。

超野心家やり手実業家髪結いのレオナールくんの登場。

マーケティングが上手くて貴婦人はみんな彼のとりこ!

二人の庶民ローズ・ベルタン嬢とレオナール・オーティエ君 が牛耳るパリ社交界!

ロココ後半、ヘアスタイルは超大きく、バリエは1000通り以上!

理髪師ははしごで盛りヘアのてっぺんを整えないと。

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネット18世紀風刺画

ところでこの虚飾趣味なマリー・アントワネットのファッションは一人でやってたんじゃないよ。

王妃はじめ顧客たちを衣服費で破産させるほどの流行を作ったのは?

ファッションデザイナーのローズ・ベルタン嬢

髪結いレオナール・オーティエくん

磯見仁月さんの「傾国の仕立て屋ローズ・ベルタン」(新潮社)、読んでみてね!

やっぱり漫画は楽しくてわかりやすい。歴史学習に最適^^

 

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネット1770年代

これがかの有名な「船盛りヘア」よ!

作るのに5時間はかかるんだから。

頭がかゆい時手が届かないじゃない?

なが~いかんざしみたいな髪掻き棒も発明されちゃうの。

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネットレオナール仕事中 1780年

 

羽根にリボンにキャップ、花にオーガンジー、がっちり糊付けしたチュールをたっぷりね~^^

髪の中には針金の鳥かご状のものを入れて、と。

毎朝理髪師の創造力の見せどころ。

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネット1770年代 ファッションプレート

 

お小姓がヘアスタイルを支えてあげないと彼とデートもできないワ!

 

お化粧たっぷりおしろいで真っ白に!

化粧マントを羽織って化粧部屋に閉じこもるの。

お口は小さく真っ赤に、赤い頬紅、つけぼくろ、とにかく人工的に!

あ、もちろん男女ともにね。

 

この辺はもう風刺詩集なんか出ちゃってパリ市民の笑いを取っちゃうんだけど、やめられないの。

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネットピエレット 1780年 レプリカ

首にはピエレット↑↑っていうピエロのえり飾りみたいなレース。

リボンや真珠で飾ってね。

ベルベットのリボンに真珠を通したものを、映画撮影のために何個も作ったよ。

 

田舎出の一庶民、ローズ・ベルタン嬢は髪結いを経た後、

パリで「オ・グラン・モゴル」っていうドレスのお店を開くよ!

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネットローズ・ベルタン 1780-9年 ジャン・フランソワ・ジャニネット

髪結いレオナール・オーティエくんもやっぱり一旗揚げようと田舎から出てきた庶民。

 

この野心にまみれた虚栄心たっぷりの庶民二人が、

ファッションリーダー王妃マリー・アントワネットの寵愛を一心に!!

庶民二人の超人的なバイタリティーもだけど、当時で平民を起用しちゃうマリー・アントワネットの流行美への執着がすごくない??

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネットルブラン「マリー・アントワネットと子供たち」1787年ローズ・ベルタンデザイン

 

レオナールくんは王妃と一緒に超競争心をあおってそびえる「プーフ」って髪型を生み出したり。

ベルタン嬢は装飾過剰で借金させても欲しいといわせるドレスを流行らせたり!

 

二人が田舎から持ってきたのは

  1. マーケティング力!
  2. 夢を絶対あきらめない不屈の精神!

だけ。

これは世界共通の夢叶え術だね!

レオナールくんは髪結い学校まで作って後世の育成にも貢献したかったんだけど。

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネット1788年 レオナールの髪結い学校

フランス革命でもう散々な目に。

お得意先はギロチンへ。

人工的なヘアスタイルは流行らなくなっちゃうし。

ま、持ち前のずる賢さで細々世渡りしちゃうんだけどね。

そして二人とも最後までマリー・アントワネットと友達だよ^^

パリ貴族の香水はもちろん体臭隠し、マリー・アントワネットも?

それと当時フランスには宮廷人でもお風呂に入んなかったんだよ(;´∀`)

お風呂に入ると梅毒にかかるって思われてたんだ。

国王の入浴回数は一生/3回…ナイショね。

だからお貴族様たちは濃厚なねっとり動物系体臭消しの香水でごまかしてたんだね。

 

われらが主人公、マリー・アントワネットは???

 

マリー・アントワネットはきびちいセレブママのおかげでお風呂が大好き^^

それで軽やかな香水をちょっと振るだけでよかったんだよ。

だからバラなんかの若々しい清楚なハーブ系香水を流行らせちゃうよ~^^

1774年、18歳で王妃に

1774年、なんと18歳の時に王妃になっちゃうんだ。

↓↓歴代ルイとおそろいブルボン朝のシンボル百合模様のガウン持ってるでしょ?

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネットディゴティ「王妃となったマリー・アントワネット」1775年

フェルセン伯爵との出会いがあったりもするわけ。

彼は理想の男性像だったけどカトリック&王妃&マリア・テレジアの娘としてのモラルから思いとどまったり。

超人間味あふれるフツーの女の子だよね♥

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネット「ランバル公妃」アントワーヌ・フランソワ・カレット1776年

このランバル公妃はマリー・アントワネットの女官長ね。

ヘアスタイルもスカートも大きく、二人一緒だとなんか部屋が狭いな。

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネット「サボイ公妃マリー・テレーズ」1775年 François-Hubert Drouais

 

1775年の19歳の時にプチ・トリアノンもらっちゃうよ~るんるん

この辺からマリー・アントワネットは自然へ回帰し始めるよ~

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネット1778年 ギャラリー・デ・モードのプレート、43

でもまだまだベルサイユ宮廷ではこんなカッコ。

プーフヘアと超デカい姫ドレスね。

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネットエリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブラン 「マリー・アントワネット」1778年

パニエってデカ~!ドア通れんの?日本初公開パニエの秘密

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネット1750年―80年 パニエ Los Angeles County Museum of Art

デカスカートの中にはパニエ↑を入れて膨らませて。

大きすぎてドア通れんぞ~

えい、カニ歩き!

したら即追放!

絶対お顔と胴は正面向いて、スカートを上に上げてスリムにして通るんだよ!いい?

ある仕組みのおかげでこれが出来るんだな^^

 

これ、超貴重画像↓↓日本初公開。

パリで撮ったんだけど、パニエの中身。

竹?木?

奥側片方を上に上げてるのがわかる?

万歳、ドアが通れるよ!

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネットパニエ 1780年頃

1780年からフランス革命目前

1780年、王妃マリー・アントワネット24歳。

ウェストラインが上に上がってくるね。

この後エンパイアスタイルまでウェストラインは上がり続けるよ!

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネットレイノルズ「レディース・ヴォルドレーヴ」1780-81年

ヘアスタイルは相変わらず大きいけどナチュラルっぽくね。

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネットルブラン「ポリニャック公爵夫人」1782年

おやおやスカートは小さくなっちゃうよ!

もっともっと小さい胴に大きな頭ってどうよ。

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネットルブラン「マリー・アントワネット」1783年 ベルサイユ宮殿蔵

 

1770年後半から80年代にはポロネーズ大流行!

よくお姫様の塗り絵に描かれてるカーテンみたいな飾りだよ。

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネット1780年のファッションプレート

これはヒップ下まであるジャケットをリボンで上に盛って結ぶ優雅な盛りスカートスタイル。

 

ファッションプレート 1780年

長椅子に座った時にかわいらしいから流行ったんだよ。

とにかく小花模様や日本のカスリみたいな軽~い生地で。

しっかりした重たい生地はヤボだよ。

 

↓↓これは別の映画のために私のチームが作ったドレスだよ。

7人でも大変な大作業。

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネット1780年 ドレス

 

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネット1780年 ドレス

こんな感じで上のジャケットの後ろを好きに盛って上に上げてね。

中にリボンが縫い付けてあるよ。

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネットパニエ 1785年5頃 レプリカ

フランス革命直前の頃のパニエね。

注意!本物じゃないよ、私たちの作ったもの。

チュールで簡単に軽くなってるよ~

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネットポロネーズスタイルのドレス 映画の衣装合わせにて

これは映画『マリー・アントワネット』の衣装合わせの時に撮らせてもらったんだよ。

後ろの盛りスカートが良く見えるね。

キルスティン・ダンストさんも着ていたけど肖像権があるのでここには載せないね。

 

ところでお地味な夫の国王ルイ16世が錠前づくりが大好きだったのは結構知られてるよね?

そのルイ16世が大好きだったのはギリシャローマ建築。

誰も言わないヨーロッパファッションの歴史パルテノン神殿 アテネ 紀元前447-431年 ギリシャ建築

お地味かと思いきや進歩的過ぎたんだね。

装飾過剰のくねくねロココと違ってシンメトリーな均衡美だよ。

誰も言わないヨーロッパファッションの歴史ブーシェ「朝食」1739年 ルーブル美術館 ロココ建築

 

この時代にポンペイに埋まってた遺跡たちが再発見されちゃうんだ。

そんでナポリ宮廷風も流行っちゃうんだよね。

ココですでにネオクラシックの「ギリシャローマ流行り再び!」の下準備がされちゃうんだよ!

 

この辺のロココ末期流行色は相変わらず軽やか優美なパステル色だからね。

映画の準備期間中、ローマとロンドン、パリからパステル色のシルクが消えたの。

我々が買い占めたからね^^

でもその時のバッセッティ老舗生地屋が最近火事で燃えちゃった。

 

1785年、マリー・アントワネット29歳で王妃の首飾り事件

金塊1トンに相当する額のかたり詐欺事件に巻き込まれて負けちゃうよ!

まだアラサーなのに巨額すぎないかい?

 

フランス革命直前はヘアスタイルもファッションもボリュームがなくなってくるよ~

ルイ16世が準備したエンパイアスタイルになる直前。

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネットルブラン 「ガリア服を着た王妃マリー・アントワネット」 (1783)
ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネットエリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブラン 「薔薇を持つマリー・アントワネット」 (1783)

マリー・アントワネットの自然への回帰と一緒になって流行りもナチュラル志向にかわってくるね。

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネットアドルフ・ウルリッヒ・ヴェルトミューラー 「トリアノン庭園を歩くフランス王妃マリー・アントワネットと二人の子供たち」 1785

って言っても貴族の田舎ナチュラル志向だから人工的なんだけど。

きれいにされた家畜、ちゃんと工芸師が作った乳搾り桶とかね。

 

とにかくシルクより綿のモスリンが流行っちゃうよ!

でも寒いパリでギリシャ風の生地で流行りを追って、肺炎で死んじゃう女子続出!

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネット1790年頃 ドレス

これがマリー・アントワネット最後の姿↓↓

ロココスタイルのドレスはパステル調で!マリー・アントワネットウィリアム・ハミルトン「ギロチン台へひきたてられるアントワネット」1794

最期なのにハイウェストのエンパイアスタイルの先駆けなのがわかります。

そしてフランス革命のあとは古典回帰のエンパイヤスタイルにつづくのです!!

まとめ

ファッションリーダー、マリー・アントワネットの作った流行についてみて参りました~!

彼女へのプレゼントに迷っている男子は

迷わずここの画像のようなパステルカラーのものにすればバッチリ。

それでも迷ったらマカロンね(笑)

 

※映画『マリー・アントワネット』の画像は監督のご厚意により掲載しています。ライセンスがありますので無断転載は絶対に禁止です。

こちらの記事もおすすめ!