19世紀

イタリア印象派が描く19世紀ファッションは太陽の下で輝く!

イタリア印象派
アオキ
アオキ
こんにちは、イタリアで15年デザイナーのアオキです。コネもなく フツーだったの私のお話はプロフィールへ。デザイナーで独立したいあなたはこちらへ

太陽の下、自由に外出できるようになった時のために。

イタリア夏ファッションで元気もらっとこ!

印象派と言えばフランス絵画が有名。

 

でもマッキア派に代表されるイタリアの印象派絵画は、イタリアの太陽の下今も輝いてる!

アオキ
アオキ
でも今回はあまり知られていない、ステキなイタリアの印象派に描かれたファッションのお話だよ~

眩しいイタリアのマッキア派は19世紀後半トスカーナから

イタリア印象派カフェ・ミケランジェロに集まるマッキア派 1900年
アオキ
アオキ
イタリアの印象派と言えばまずマッキア派ってグループ!

イタリア語ではマッキアイオーリ。

19世紀半ばフィレンツェ。

反アカデミズムの若い画家たちがのカフェ・ミケランジェロに集まってた。

ファットーリ、シルベストロ・レーガなどのグループ。

 

そこへデ・ティボリが1855年のパリ万博で見てきたバルビゾン派のことを伝えた。

戸外に出て描こう!

これがグループのすすむべき道。

そしてこれがマッキア派のおこり‥

 

マッキアは点とかシミって意味。

点で描いたと言えばスーラが有名だね。

 

そしてバルビゾン派は田舎で描いた。

気候もよく似てる。

 

ここにイタリアの太陽がくると!

アオキ
アオキ
目もくらむような鮮やかな世界が‥
イタリア印象派

私がいたシエナ郊外の乾いた夏はまさにマッキア派の夏だった‥

シルベストロ・レーガと木陰を求めて‥

イタリア印象派シルベストロ・レーガ 東屋ー昼食後 1868年

描かれているのはイタリアの伝統的な夏の昼食後の風景。

コーヒーの時間‥

リラックスして静かにおしゃべりする女性たち‥

ちょっと眠たくなる‥

イタリアの夏はホントに暑い!

そしてどこまでも乾いてて、木陰に入るとひんやり‥

これはマッキア派代表のシルベストロ・レーガの絵。

生で見るとほんっとに空気感が伝わってくる‥

 

イタリア夏の昼下がり。

白く乾いた土と照り付ける太陽に乾いちゃった草。

木陰はひんやりでもう出られない‥

イタリア印象派

右でお盆を持っているのはメイドさん。

ピシっとしてるのはこの人だけ。

エプロンはカンタンにウェストで留めて。

ハーフエプロンはそんなに汚れ仕事しないってこと。

 

アオキ
アオキ
白いドレスの女性、塀にらくらく座ってるよね?

この時代スカート広げる鳥かごあったよね?

痛くないの?

そのヒミツは後で。

 

後ろの低い塀には植木鉢。

日本みたいにしっとり湿度がいる花は一本もない。

鮮やかな乾燥に的した丈夫でカラフルな花。

塀に孔雀サボテンがはってたり、イタリアあるある‥

イタリア印象派

左の女性と女の子は母子?

やっと子供服が出てきた!

子供服先駆けはこんなアリスワンピ。

それまで子供服は大人服の縮小版で子供らしさとは無縁だった。

アオキ
アオキ
ここでももちろん女の子はスカート広げる鳥かごつけてるよ!

イタリア印象派美人をささえた強力下着

イタリア印象派トゥールニュール 1870年頃 アントワープ服飾美術館蔵©

1862年頃と言えばどデカい完全円形クリノリンで有名な時代。

スカーレット・オハラみたいにスカートを大きく広げるのが流行り!

 

でも『東屋』の登場人物たちは違うヨ。

アオキ
アオキ
ここではもう1862年みたいな完全な円形のクリノリンなんて時代遅れ!
アレクサンドラ王妃完全円形のクリノリン ファッションプレート ミラノ 1860年

たった6年でもう流行り廃りが‥

1870年頃にはもうトゥールニュール、つかうよ。

トゥールニュールもスカートを広げる鳥かご。

カタチが大変化してもうちょっと実用的になるよ~

 

前がまっすぐで横とうしろが大きくふくらんだカタチ。

前も大きいと暖炉にぶつかって燃えちゃう女子続出だったからね!

トゥールニュールは鉄の半輪をリボンでつないで釣鐘状にするの。

 

田舎の方ではまだまだ完全円形のクリノリンが使われてて。

アオキ
アオキ
都会っ子はダッサ~って思ってた‥

ところで‥

アオキ
アオキ
そんなカタそなモノつけてリラックスできたんでしょうか?
1800年ドレス試着座っても痛くないの♪

答えは‥できましたよ~!

アオキ
アオキ
ひざ裏には鉄の半輪が通ってなかったので、別に座っても痛くなかったよ♪

 

そしてそしてコルセットも必須!

アレクサンドラ王妃コルセット 1867年

これだって鎧みたいに女性のボディをぎちぎち締め付け‥?

もちろんキツイですよ。

ところがつけ慣れると‥

だんだんコルセットに頼って体が軟弱になって行くんです!

女性は常にコルセットに寄りかかかっているんです。

だからコルセットがないとかえって頼るところがなくて不安定に、なんてことに。

背もたれのないソファみたいな感じ。

 

イタリア印象派ファッションプレート 1860年頃

髪の毛はネットで盛りヘア。

汚れやすいえりと袖はたくさん持ってて取りかえましょうね~

イタリアの陽光に映える生地を描いたシルベストロ・レーガ!

イタリア印象派庭で散歩 シルベストロ・レーガ 1866年

白はとにかくイタリアの陽光によく映える!

コットンやひんやり涼しい麻も好まれた。

この時代ショート丈のジャケットが流行り。

 

アオキ
アオキ
大きなスカートのジャマしないからね!

ふち飾りによってたくさんジャケットのヴァリエがあって。

その一つ一つに名前がついてたんだよ。

 

1860-67年に流行った帽子もかぶってるね。

とってもちいさいフチなし帽であごの下でリボンで結ぶの。

 

アオキ
アオキ
さらに流行りのヘアスタイル!

前髪は絶対ビシッとまん中分け!

そして首後ろでゆるふわにまとめたり。

さっき見たようにふんわりとネットにいれたり。

イタリア印象派日中用ドレス ダリオ・ビアンドラ ディ・レアリエ、ミラノ蔵 タフタ 1870年頃

↑上はとってもよく保存されてる珍しい1870年のドレス。

絹のタフタ製。

前がまっすぐで横と後ろが広がってる。

鳥かごトゥールニュールの上に着るパターンになってる。

 

これがもっと時代が進むとヒップが大きくなっていく。

『パリのヒップ』って呼ばれるほど大きくね。

このドレスのタフタはやわらかいけどカリっとしたドレープをだせる貴重な生地。

イタリア印象派ストルネッロ民謡 シルベストロ・レーガ 1868年
アオキ
アオキ
ここではうって変わってやわらかいトスカーナの午後の日差しに照らされて‥

浮かび上がる姉妹ヴィルジニア、マリア

ピアノを弾いているのは友達のイソリーナ。

彼女はシルベストロ・レーガの一番弟子で絵のモデル。

 

イタリアのポピュラーなフォークソングを歌ってるとこ。

1860年代後半によく流行ったドレスの生地とカーテンの模様がよく見える。

白いブラウスの女性の生地はタルラタンかもしれない。

極薄極上コットンでシルク混じりのこともある。

肌が透けるほどうすい生地‥

アオキ
アオキ
窓からはなだらかなトスカーナの優しい風景が広がる‥

ロココ回顧の一瞬をとらえたジョバン二・ファットーリ

イタリア印象派庭にいる二人の女性 ジョバン二・ファットーリ 1868年 ジャッカーコレクション、ミラノ©

イタリアマッキア派のもう一人の代表、ジョバン二・ファットーリ。

彼によって一瞬の、爆発的なファッションの流行りが描きとどめられてる‥

 

イタリア統一後の1868年にマルゲリータ王妃とウンベルト一世が結婚。

ここで数年一瞬だけ、でも爆発的にロココ回顧趣味が流行った。

1867年から73年だけロココドレスのポロネーズがまた流行るの。

ファッションプレート 1780年

上はロココドレスのポロネーズ。

 

それを描いたのがこの『庭にいる二人の女性』の絵。

前がまっすぐで横と後ろが広がってるスカート。

後ろのスカートはドレープで丸く上にたくし上げて。

色違いの下のスカーㇳを見せる。

こうやって後ろに引きずる感じをだすの。

ロココ回顧はあまり描かれないうちに次の流行りに移ってしまったから貴重な一枚。

まとめ

あまり知られていないイタリアの印象派は、眩しいイタリアの太陽の下で描かれたというお話でした~。

イタリア印象派従妹のアルガの肖像 ジョバン二・ファットーリ 1861年

「順番に描くだけでプロに!ファッションデザイン画完全マスター教本」

期間限定無料プレゼント中!

  • 今までの私がプロになったデザイン画の描き方ノウハウを全部つぎ込んで
  • しかも100ページ以上の大ボリューム!

ご希望のかたは プレゼント配布ページへ。

目次の【デザイン画教本プレゼント】にご案内があります!

デザイン画教本

ぜひあなたがデザイナーで稼ぐのに役立ててください!

こちらの記事もおすすめ!