プロフィール

3章 超難関!イタリア国立映画実験センターに根性で入って衣装デザイナー

イタリア国立映画実験センター

一年ばかりイタリアのテキスタイルデザイン事務所でデザイン哲学を叩き込まれた私。

アオキ
アオキ
デザインとはリノベーション!

わかったけど‥

やっぱりデザインだけじゃなく実際動く作品を作ってみたくなっちゃった!

激戦、イタリア国立映画実験センター受けてみる?

イタリア国立映画実験センター

イタリア国立映画実験センターに受かった友人トンマーソにあった時。

「きみも受けてみれば?」

アオキ
アオキ
そんな超気軽に言わないで!!

でも受験資格26歳までだから最初で最後のチャンス‥

『映画・舞台の衣装デザイナーコースに挑戦する』こと。

アオキ
アオキ
 これが人生最良の選択でした

当時は映画界で働くってクモの上の話に思えました。

今だから言いますが、コネやそこまで才能がなくても衣装デザイナーになれます。

アオキ
アオキ
誰でもできる確実な方法は?

名刺代わりになるくらいネームバリューのある機関を卒業することでした。

イタリアでは映画が巨大産業。

イタリア全土の紀元前から残る遺跡やお城ですぐに撮影できるから。

だから映画学校も国をあげての専門研究機関になるのです。

アオキ
アオキ
そんなイタリアの最高峰の映画研究所は?

Centro Sperimentale di Cinematografiaー

通称CSC、日本ではイタリア国立映画実験センターと呼ばれます。

映画実験センター

当時衣装デザインコース教授はヴィスコンティ監督のデザイナーだったピエロ・トージ氏。

ヴィスコンティ映画『山猫』の撮影中、引き出しが空っぽなのに気が付いた監督は30歳だったトージ氏に激怒。

急いで引き出しをいっぱいにしたのは映画史上最も有名な逸話。

アオキ
アオキ
めちゃくちゃ怖かったそう‥
山猫ルキーノ・ヴィスコンティ監督 映画 『山猫』
アオキ
アオキ
もう一人、舞台美術コース担当は美術監督アンドレア・クリザンティ氏 

ジョゼッペ・トルナトーレ監督の『ニュー・シネマ・パラダイス』の舞台を担当した人。

そしてヴィスコンティ映画の撮影監督のジョゼッペ・ロトゥンノ氏までいるという豪華ぶり。

 

受験は3月の書類審査から12月の2次試験終了までと、長期間。

アオキ
アオキ
各コース6名までしか合格できない難関!

でも絶対無理とか考えるヒマなく申し込まないと出願締切!

書類審査は大量に描いたものから選んで提出

3月、15枚以上のデザイン画を提出。

ハイクオリティじゃないといけないので100枚くらい描いた中から厳選。

この書類審査でまず30人に絞られました。

この時26歳以下であることが応募条件。

これは合格。

1次試験でパニック

イタリア国立映画実験センター

5月、1次試験は実技2日間。

試験はシナリオを渡されての衣装と舞台美術のデザイン。

「そこそこの作品を100枚描かないこと。1枚でもいいから完璧なデザインをすること。」

って試験官のクリザンティ氏に言われました。

 

初めて会った実物の巨匠たち。

わたしは感動して怖くて緊張してガッチガチ。

一枚でいいって言うからホントに一枚しか提出しませんでした。

っていうか、かろうじて一枚提出できました。

アオキ
アオキ
 だってシナリオわかんなくて時間なくなっちゃったんだもん

キオスクって言うのがなぜか何か分からなくなって‥

駅の売店ですよね?

パニックになってたみたいです。

給食も出ましたがもちろんのどを通らず‥

やせたかも。

ここもパス。

絶対合格したかったので急いで近所のイタリア語学校へ。

レベルがなくて超上級レベルコースを作ってもらいました。

2次試験は根性で

今度は10月から2か月間の実技試験。

実際に映画実験センターに通って製作するのが試験。

試験中ずっと制作態度、伸びしろを見られています‥

アオキ
アオキ
 コワい!

シナリオを渡されて衣装と舞台美術のデザイン、映画論の小論文が試験内容。

映画論の講義なんですが。

午前中必ず実験センター地下の映画館で映画を観て、それについての講義。

わたしはその時すでにネイティブスピーカーだったけど。

アオキ
アオキ
 それでも専門用語がわからなくて講義は半分しかわかりませんでした

ここの授業はイタリア語がビジネスレベルじゃないとむずかしいです。

試験用のシナリオはヴィスコンティ監督の『白夜』。

第二次世界大戦が舞台。

これをいかに時代考証をまちがえず、登場人物の性格を決定するデザインできるかがカギ。

(って言うのはもちろん後で気付いたんですけどね。

当時は受験生にも教授にも圧倒されてな~~んにも考えられませんでした。)

イタリア国立映画実験センター

図書館に行って当時の資料を調べまくる‥

国立映像ライブラリーも兼ねているので資料が膨大。

アオキ
アオキ
よさげな文献が1950年に書かれた服装史の大著とかで大ボリューム!

皮表紙で重くて骨折覚悟。

今に残っている写真もこれまた大量!

全部一つづつチェックして使えるか選ぶのだけで時間がたっちゃったり‥

結局実験センターにいる間は調べ物と映画を観るので時間がたつ‥

アオキ
アオキ
 なのでデザイン画は根性で夜に描きました

数は描けませんでした。

でも登場人物の性格を決定する衣装デザインにはなっていたかと思います。

あと一週間で試験期間終わりという時。

教授たちが

「もう合格者は決定している」

みたいなことを言っていました。

アオキ
アオキ
ん?一体どうやって?

とにかくこの合否はどうやって決めるのか、今でもナゾ。

結果、日本人では初めての合格者に。

首席になって奨学金も勝ち取りました。

それでバイトはしなくてすみました^^

ここがわたしの映画衣装デザイナーとしてのスタートに。

私の映画衣装デザイナーとしてのスタートは映画実験センターから

アオキ
アオキ
 ちなみにイタリア国立映画実験センターの学費は年間10万円以下

この映画実験センターではいろいろ面白いことが。

フランスの大女優、故ジャンヌ・モローさんと映画衣装について大事なお話しをした時。

「衣装は役に入ちこむためにとても需要。国の違いなんて関係ない、がんばってね。」

って言ってくれました。

プロフィール319002年のシナリオの舞台美術のデザイン アオキナオカ

 

同期にたくさんの映画監督がいたので、彼らの映画の衣装デザインをするようになったのもこの頃。

カンヌ・ヴェネツィア映画祭受賞者のフランチェスカ・アルキブージ

『楽園の中へ』のパオラ・ランディ監督

ドキュメンタリーのドメニコ・ディスティーロ監督

そのほかたくさんの人とコラボできました。

プロフィール3アールヌーヴォー シナリオ インテリアデザイン アオキナオカ

ウォン・カーウェイ監督といっしょに彼の映画「2045」を観たとき。

終わってから監督を見ると映画館なのにサングラスが?

アオキ
アオキ
自分の作品は観ない主義?見飽きちゃった?

それから制作費が高いから日本で作れないよ~と言っていました。

 

またある時はメル・ギブソン監督がイタリアで映画『パッション』の撮影中。

衣装デザイナーから造花を一日100個作るよう言われました‥

毎日100個!多くない?

プロフィール3舞台美術 設計 アオキナオカ

もちろんあの『山猫』のクラウディア・カルディナーレともお話しましたよ。

私は映画実験センター卒業時に、トージ氏から

「ミレーナ・カノネーロのところへ行ってみないか?」と言われました。

アオキ
アオキ
アカデミー賞常連の衣装デザイナー、ミレーナ・カノネーロです 

そして行先はソフィア・コッポラ監督の制作現場でした。

4章 ラッキー!ソフィア・コッポラ監督の映画『マリー・アントワネット』に!

に続きます。

「超ファッションの歴史教本」

期間限定無料プレゼント中!

  • 世界の見方が変わるヴィスコンティ監督レベルのファッション史教本!
  • イタリア映画界で長年衣装デザイナーアオキナオカの全知識投入

ご希望のかたは プレゼント配布ページへ。

目次の【デザイン画教本プレゼント】にご案内があります!

超ファッションの歴史教本

ぜひあなたがデザイナーで稼ぐのに役立ててください!

「順番に描くだけでプロに!ファッションデザイン画完全マスター教本」

期間限定無料プレゼント中!

  • 今までの私がプロになったデザイン画の描き方ノウハウを全部つぎ込んで
  • しかも100ページ以上の大ボリューム!

ご希望のかたは プレゼント配布ページへ。

目次の【デザイン画教本プレゼント】にご案内があります!

デザイン画教本

ぜひあなたがデザイナーで稼ぐのに役立ててください!

こちらの記事もおすすめ!